So-net無料ブログ作成

愛犬の散歩時における糞処理について [その他]

通勤時にとおる道路上に処理されていない犬糞が頻繁にある。
通勤通学に利用する人が多く、犬の散歩に利用されるコースでもある。

明らかに故意に処理をするつもりのない飼い主もおり、散歩時に袋すら手にしていない飼い主もいて悪質きわまりない。毎日深夜近くに帰ることが多く、その時にはなかったものが朝になるとある。つまり、人気の少ない深夜の間に散歩に訪れて誰にも見られないように自宅に戻っているのだろう。

こんな人間に飼い主の資格などなく、人間としても底辺の人間であろう。恐らく仕事もできず、うだつの上がらない、そんな気がする。最低限のことすら守れず、のうのうと皆と同じように生きている。女人間に何の罰も与えない社会はおかしい。

防犯カメラを設置して飼い主の特定、注意警告をし、従わなければ罰金もしくは禁固刑など、徹底的に飼い主に対して減圧を与えるべきである。飼い主は犬の糞ぐらいという安易な気持ちでしかないだから、民間ではなく県や市が乗り出して積極的な対策を講じなければなくならないだろう。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。