So-net無料ブログ作成

みんなの党渡辺代表8億円の借り入れについて釈明会見 [ニュース]

何のための会見なのだろうか?

小学生でもお話ししないような稚拙で表面的な内容で時間の無駄である。
借り入れた額が巨額であるのに、潔白を証明するには内容が伴っておらず説明不足。

政治資金としてではなく、個人での借り入れであることを終始強調していた渡辺代表であるが、その使い道の詳細には口ごもり、ライティングの熱気などとは別に、額には脂汗が見られたのは印象的だ。

個人として8億もの大金を借り入れ、今は手元になく、その細かな使い道も言えない。
あのような会見で「そうだったのか、なるほど」と納得する人間など一人もいない。
普段はえらそうにしている政治家も、自らのことになると、この程度でしかない。

先般の全東京都知事の釈明にしても渡辺代表にしても、普段は政治のことになると徹底して追求し饒舌になるものの、一転して全く言葉になっていない政治家の悲しい性である。

党内で調査を進めるということを明言しているが、間髪入れず、時間を与えることなく第三者が入って速やかに調査をし、証拠を洗い出す必要がある。そうでなければ余計なことを考えさせる時間を与えることになる。

何度も触れるように、なぜ政治家でいようとするのか?という問いかけに対しては、全て金である。
様々なバッシングがあり、マスコミからも政治家からも国民からも批判され、四面楚歌の状態に追いやられても、泣きながら意地でも政治家でいようとするのは、なにかしら政治家でいるとオイシイ状態だからに違いない。
黙っていてもどこからともなくお金が入ってきたり、周りからは「先生、先生」とちやほやされる存在になれる。彼らのほとんどはその立場になれすぎて、麻痺してしまっている。

もし、一般のサラリーマンなどがこのような厳しい状況に追いやられればどうだろうか?
今の立場を維持していこうと考えるだろうか?普通ならば何のメリットもないのであるから、そこからいち早く逃げ出したくなるのではないだろうか?

政治家の口からは、国のため・国民のため・市民のためと、きれい事ばかり吐き出されているが、彼らは私腹を肥やすことに躍起となっている。
本当に国のことを思うのであれば、国民のことを考えるのであれば、自分たちの儲けなど度外視してでも国を良くしようとするだろう。
そして彼らの立場というものはそういうものだし、だからこそ政治家であり、国の運営を任せているはずである。そのような心づもりのない人間が政治家になってはならないのである。

前回今回と出てきたこれらのお話は氷山の一角であり、しっかりと第三者の立場から彼ら国会議員一人ひとりについて詳しく調査をすれば、真っ黒いアカが出てくることだろう。


相変わらず情けない国である。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。